ビジネス

類は友を呼ぶ

 

こんにちは!ひろです!

今回お話ししたい内容なんですが、お金にまつわる「類は友を呼ぶ」話です。

よくビジネスの話で言われる内容なんですが自分の周りにいる人5人~10人の平均年収が自分の年収になるという法則があります。「つるみの法則」ともいわれますが

なぜそうなるのでしょうか?なぜ付き合う人たちによって年収が変わるか紐解いていきましょう!

自分に似た人を引き寄せる

 

 

人は一緒に過ごしていて気分がいい人たちと付き合っていくものです。タイトル通り「類は友を呼ぶ」ということなんですが

例えば年収350万の人が年収1000万を超える人たちと食事をしているとします。

あまり気分が上がらないしつまらないし波長が合わないでしょう。

逆もしかりでその1000万のひとたちは合わないと思っているでしょう。

同じような生活レベルの人たちと会話は進み気分よく感じ、安心というか

そういったものを引き寄せているんですね。

環境を変えるためにじゃあ1000万のひとたちの中に飛び込めばいいんじゃ?

と言いますが、できますか?おそらく無理でしょう。

付き合いを変えても根本的に変わらないといけないものがあるんです。

考え方を変えると付き合う人が変わる

 

 

今後なりたい自分を想像したときに、似たような人と付き合えばいいのでは?

そうすれば考え方は変わるという他人マターではなく、

自分が変わらないと付き合う人は変わりません。

なぜかというと自分が変わらないで付き合う人だけを変えても全然楽しくありません。

ならば自分自身が変わることしか未来は変えられないんです。

最初からずっとお金も落ちの人はいますが少数です。数%にも満たないと思います。

お金持ちの人は努力しています。もちろん無一文、借金してから這い上がっている人もいます。

その人たちは共通に考えて「行動」しているんです。

変われと言っても変わり方が分からない人へ

 

 

お金をもっている人の特徴は先になんでもやります(与えます)。

マイナスになる(奪う)ことはしません。

お金がない人に与えるとか、食べ物がないから与えるとかではなく、普段生きている中でのことを考えてみましょう。

自分だけが知っていたい!だれにもこの知識は渡さない!なんて考えている人がいたらやめましょう。もうそんなことで優越感に浸れる時代は終わってます。

今や調べればなんでもでてきますし、人に情報を与えてみんながハッピーになったほうが幸せじゃあありませんか?与えていきましょう。

でないと最悪孤立したりしますよね。

仲間、友人の成功も自分の成功と考えられるぐらい懐が深い人が成功します。

人間関係で例えましたが日常で感じられることで考えは変えられますよね?

不平不満の多い人はいろいろ悪いところにフォーカスしてみているんです。

考える力はあるのにもったいない。だいたい自分さえよければいい人多いですね。

自分の日常から思うことを変えれば考え方はいい方向にも悪い方向にも代えることができます。だけどそれは実践した人にしかわからないことです。

今までとは違う自分の姿に会えるチャンスです。

まとめ

 

 

今回は「類は友を呼ぶ」というテーマで記事を書かせていただきました。

いかがだったでしょうか?

何かを得ている人は根本的に考えかたが違うんです。

今この記事を見ている方も自分を変えるチャンスです。

私も最初は奪う側が多かったような気はしますが今ではそんなことないと思います。

意外とすぐ変われます。自分のポテンシャルを信じて進みましょう!

自分を信じるのもいいことですよ!

もしこの記事を読んで自分を変えたい!変わりたいという方は私のLINEにてお答えさせていただきたいと思っています。

話を聞きたいという方でももちろん送ってきてください。

 

ご連絡はこちらまで!↓↓↓

友だち追加