ビジネス

読書をすると…!

 

 

今回は読書に関する話を書いていきたいと思っています。読書って意外と?けっこう大事なんです。

なんでこの情報社会で読書が大事なことなのか疑問に思う方もいるかと思います。

今やインターネットの普及で調べればたくさんの情報がありますね。

それが正しいのか、正しくないのか、情報操作によって誰かによる虚位のものなのか判断が難しいですよね。

例えばフェイクニュースが流行り(?)、熊本地震でライオンが逃げたなんてフェイクニュースがでましたね。

地震が起きているだけで不安、大変なのにあのようなフェイクニュースを流れました。そして瞬く間にあのニュースは拡散されました。

 

このように、実際に起きていることなのかわからないことも調べればすぐに出てきてしまうんです。

そんなことで読書に関することを今から書きますので是非ご覧ください!

 

どれくらい読んでる?

 

 

日本の読書量の平均は月に1冊程度だそう。

全然読んでないですね。しかも月に1冊も読まない人は50%近いとか。

読書が減少したと同時にスマホをいじる時間が増えていそうですね。

本を読むことのメリット

 

 

  1. お金が集まる
  2. 教養が身につく
  3. 新しいアイデアが生まれる

本を読む人は年収が高いと言われています。

なんだか胡散臭いとみなさん思ってますか?私もそう思ってました。

実際のデータなんですか

本にかける金額(月単位)

年収800以上    2910円
年収400~800万  2577円
年収400万未満   1914円

 

富裕層と年収300万以下との比較

1日30分以上ビジネス書を読む

富裕層は88%

年収300↓は2%

自分は読書家だと感じている

富 86%

貧 26%

 

 

上記のように因果関係はありそうですね。

このデータが正しいとなれば読書をしている人は年収が高いと見えます。

本を読むことで、知識、思考、類似体験などを感じることができるからです。

教養が身につくといいましたが

本を読むことで「言葉」を覚えていきます。単語、文の使い方様々な言葉を理解していきます。

言語力、想像力、本当の意味を理解できる。そんな利点があります。

また、物事を客観的に論理的に考える力も身につくと思います。

 

新しいアイデアが生まれる

 

 

本には自分には体験できないことが書かれていることが多いです。

それを類似体験できるのが本なので、それをインプットする。

もちろん、その本を読んだだけの状態だと自分には重ねられないこともあるでしょう。

自分の経験などを組み合わせた考えが新しいアイデアを生む糧になると思います。

ここまで本を読むことのメリットについてお話ししましたがデメリットについては

 

 

 

ありません。

ないです。

 

 

 

目が悪くなる?ぐらいですかね。まあスマホにも同じことは言えますが。

 

 

 

 

読書してみよう!

 

 

ひとまず読書してみてください。
1日10分決めた時間にする。これが案外いいんです。
習慣にしてしまえばいつのまにか知識は増えています。
そして1日10分習慣にすれば情報力の差も周りとかけ離れたものを身に着けることができるでしょう。
私の場合は1日10分と決めてましたが、思いのほか30分、1時間とか経ってます。
本当は1回で全部読みたいんですがね。読むときもありますよ!(笑)

継続が大切です。正直めんどくさいと思うこともありましたが慣れればなんてことはないです。

1日10分ぐらいとれますよね?

ビジネスには柔軟な考えが必要です。迷うことばかりです。教養、知識は大きな財産であり資産です。

私はこれからもこの習慣は続けていこうと思います。

まとめ

 

 

今読書離れが進んでいます。
今周りと違うことをやってみてください。
今後の考え方、物事のとらえ方が変わると思います。また行動も変わってきます。
だまされたと思って挑戦するいいきっかけです。
私もこの習慣は辞めずにこれからも続けていきたいです!

 

 

では最後まで読んでいただきありがとうございます。
なにか質問やお問い合わせがある方は下記の公式LINEで受け付けてますのでご連絡いただけると嬉しいです。

ご連絡はこちらまで!↓↓↓

友だち追加